ホーム登記関係>詳細
 
登記関係
>先例・要旨・判例集

■登記関係先例要旨総覧

■登記研究総索引 1〜570(先例の部)

登記研究編集室編
[品切れ]

A5判 クロス上製箱入(2分冊)
2,032頁
定価:本体 22,331円(税別)
送 料 610円
1997年2月刊

明治7年11月から平成7年3月までの、登記に関するすべての先例の要旨を収録し、先例の全貌が容易に理解でき検索は直ちにできる。不動産と商業・法人を二分冊にし、使いやすささらにアップ!

▽本書は、明治7年11月から平成7年3月までの登記に関する先例(訓令・通達・回答)の全文を見ることなく、その内容の根拠・背景等を、実務的に容易に理解しやすいように配慮した要旨を摘示し、しかもそれを実務処理に便利なように、各登記事項に分類配列してあるので、厖大な先例の中から必要な先例が容易に検索できます。

▽先に発行した「登記関係先例要旨総覧(明治7年11月から昭和60年4月)」に、新たに昭和60年5月から平成7年3月までの先例の要旨を追加収録し、不動産登記関係と商業・法人登記関係を2分冊にしたため、更に検索しやすく、取扱いが便利になりました。

▽先例の内容が数項目に関連するときは、関連する項目のすべてにその要旨を掲載し、検索の便を図りました。さらに、先例の全文を検討できるように、各要旨末尾にその先例の掲載されている「登記関係先例集」「登記研究」「民事月報」の巻、号、頁を掲げました。

▽「登記関係先例要旨総覧」と「登記研究総索引(先例の部)1〜570」は同一の書です。

 
一覧に戻る

ホーム