ホーム戸籍関係>詳細
 
戸籍関係
>単行本

■わかりやすい 改正戸籍法の実務

戸籍実務研究会編

A5判 並製
390頁
定価:本体 3,364円+税
送 料 350円
1985年5月刊


立法担当者が事務処理の流れに沿って具体例で解説!

■本書は、戸籍誌に連載し好評を博した「改正戸籍法の実務」を一覧性のある冊子にという読者の強いご要望に応え、若干の訂正を加えて単行本としたものです。

■昭和60年1月1日から施行された改正戸籍法にともなう各種通達のうち、基本通達を中心とした編集で新たな戸籍実務の取扱いについてわかりやすく解説されています。

■通達文の項目ごとに、届書の記載・戸籍受附帳の処理・戸籍記載の具体例を掲げ、その要領が詳細に説明されています。

■巻末に、関係法令・関係通達が収録されており、これ一冊で改正法施行後の事務処理のあり方が理解できるように配意されています。


 推せんの言葉
      法務省民事局第二課長 細 川  清
このたび発刊される本書は、改正法の立法準備作業から省令の制定、通達の発出に至るまでの一連の事務を担当した法務省民事局第二課職員の諸君が、従来の検討の結果を踏まえ、基本通達を中心として、改正法施行後の戸籍事務の取扱いの詳細を実務の流れに従い、具体例を掲げながら説明したもので、まことに時宜を得たものと思う。
本書が新たな事務に直面する法務局及び市区町村の職員の方々の貴重な参考書となることを確信し、ここにあえて推薦する次第である。

 
一覧に戻る

ホーム