ホーム戸籍関係>詳細
 
戸籍関係
>単行本

■ピックアップ判例親族・戸籍法

澤田 省三著

A5判 上製
288頁
定価:本体 2,816円+税
送 料 350円
1996年3月刊


興味深い判例をとおして、いつの間にか理解が進む
戸籍事務担当者必読の親族・戸籍法解説

■本書は、全国連合戸籍事務協議会機関誌「戸籍」に好評連載中の判例解説を関係方面からもつとに一巻にまとめてほしいとの強い要望もあって、このたびその31編をまとめたものであり、一 実体法関係16編、二 戸籍法関係10編、三 不服申立、国家賠償法関係5編よりなり、内容は比較的最近の事例に限定し、かつ現実の社会で問題となりやすい事例、今日的問題点を含む事例を多く選んでいる。

■各編とも、1.裁判の内容、2.問題点、3.事実関係の概要、4.裁判所の判断、5.解説の5段階に分けて解説されていて、大変わかりやすい構成となっている。また、裁判所の判断(理由)、当該問題に対する学説・判例・先例等も十分盛り込まれているので、どこが問題点なのか、どう考えるのか、すなわち法的問題点の捉え方、考え方をよく理解することができる。

■戸籍制度の適正な運用には、手続法である戸籍法のみならず、実体法である親族法や国籍法についての理解が不可欠であるとされている。本書は、判例をとおして実体法と手続法たる戸籍法を一体的に、しかも具体的事例に即して興味深く学習することができる絶好の書であり、戸籍事務担当者の研修教材として、或いは大学のゼミナールのテキストとしても最適である。


■主な解説事例■
1 実体法関係
 婚姻無効確認請求事件
 婚姻取消請求控訴事件
 協議離婚無効確認請求事件
 親子関係不存在確認申立事件
 嫡出子否認申立事件
 認知無効確認請求事件
 養子離縁請求事件
 特別養子縁組成立申立却下審判に対する即時抗告申立事件
 親権者変更申立事件
 国籍確認請求控訴事件 ほか

2 戸籍法関係
 出生届受理請求等請求事件
 氏の変更許可申立事件
 戸籍の父欄の抹消等の方法をめぐる戸籍訂正事件
 虚偽の出生届に基づく戸籍の記載事項に関する訂正事件
 戸籍訂正許可申立事件 ほか

3 不服申立、国家賠償法関係
 市町村長の処分に対する不服申立事件
 戸籍謄本、住民票及び戸籍付票の写しの交付拒否処分取消請求事件
 養子縁組届出の処理をめぐる損害賠償請求事件
 非本籍地になされた出生届出の処理をめぐる損害賠償請求事件 ほか

 
一覧に戻る

ホーム