ホーム>新 刊
 
 
新刊のご案内
逐条解説不動産登記規則(1)
平成21年5月30日発刊
 

第1条から第55条までを条文ごとに詳細に解説。
立法担当官による唯一の解説書!


本書は、「登記研究」誌に現在も好評連載中である「逐条解説 不動産登記規則」のうち、第1条から第55条までを第1巻として発行するものです。

全部改正された新不動産登記法は平成17年3月7日に施行されました。それに伴い、旧施行令の全部を改正する「不動産登記令」、旧細則を改正する「不動産登記規則」も不登法とともに施行されました。さらに、登記事務手続の詳細を定める「不動産登記事務取扱手続準則」もその全部を改正する通達が発出されました。

「不動産登記規則」は、不登法及び登記令の委任等に基づき、登記申請手続の詳細、登記官の行う具体的な登記事務の細目や公示技術に関する事項等に定めているものであり、今回の改正により登記実務に与える影響は計り知れません。

本書は、立法担当官による唯一の解説書であり、条文ごとに担当官ならではの詳細を極める解説がされており、条文を理解する上で、欠かすことのできない内容となっています。さらに単行本として発行するに当たり、推敲を重ねて内容のさらなる充実を心掛けました。

巻末には附録(参考資料)として、不動産登記法、不動産登記令、不動産登記規則新旧条文の関係表、不動産登記事務取扱手続準則、平成17年2月25日法務省民二第457号民事局長通達を完全収録しており、法令集で条文を確認する不便を解消しました。

土地家屋調査士、司法書士、法務局職員をはじめ、登記実務家待望の書。


 
 


ISBN978-4-86096-046-9
B5判・752ページ
本体価格 6,000円+税


お申込はこちら

ホーム