ホーム>国際政治学 −グローバル政治の理論、歴史、現代的課題−
 
最新刊
『国際政治学 −グローバル政治の理論、歴史、現代的課題−』
 拓殖大学教授 阿部 松盛〔著〕

A5判(並製・カバー)
328ページ(予定)
定 価 2,700円+税
送 料 800円+税
ISBN978-4-86096-121-3
2020年10月23日発行予定


複雑化・多様化する国際政治現象の全体像を
把握するための一冊
 

現代の国際社会において生起する国際政治現象は複雑化と多様化が進み、従来の国際政治から大きく変容しています。米国を中心とした自由主義陣営とソ連を中心とした共産主義陣営との世界的規模での対立であった「冷戦」が終結して、既に30年の時が過ぎました。また、国家間・国民間の「経済的・社会的相互依存」が大きく深化して、国際社会の一体化、すなわち世界のグローバル化が益々進んでいます。しかし、国際社会における平和への前提条件が整いつつあるにもかかわらず、多くの地域紛争や戦争が勃発し、いまだに国際平和や国際秩序が十分には実現されていない状況にあります。

このように複雑化・混迷化している現代の国際政治現象を支配している国際政治の基本的な構造とメカニズム、そしてそれらの歴史的変容を説明することによって、国際政治現象の全体像の把握を手助けすることがこの本の目的です。さらに、国際秩序や国際平和を実現するためにはどのような試みや方法が国際政治学として可能であるのかを模索することもこの本の目的です。この本は、このような目的を持って「国際政治学」や「国際関係論」の教科書として編集されたものです。




お申込はこちら
※ご注文の際は『国際政治学』と入力してください。

▲ to page top
 
ホーム

ホーム