ホーム>権利能力のない社団と不動産登記
 
好評発売中
『権利能力のない社団と不動産登記』
 藤 原 勇 喜〔著〕

A5判(並製)
256ページ
定 価 3,500円+税
送 料 800円+税
ISBN978-4-86096-126-8
2020年12月11日発行


権利能力のない社団とはなにか,
学説,先例・判例,実例等を踏まえ体系的にわかりやすく説明
 

民法は,法人格の付与について,公益を目的とするかあるいは営利を目的とするかの2種類の社団または財団しか認めていません。そのため公益も営利をも目的としないその中間的な団体は,特別法の規定がない限り,法人となることはできないといわれています。

権利能力のない社団とは,団体であってその実態が社団であるにもかかわらず,法人格を有していないものをいいます。つまり,権利能力のない社団というのは,「団体としての組織を備え,そこには多数決の原則が行われ,構成員の変更にもかかわらず団体そのものが存続し,その組織によって代表の方法,総会の運営,財産の管理その他団体としての主要な点が確定しているもの」であることが必要です。

本書は権利能力のない社団について,学説,判例・先例,実例等を踏まえ,体系的に詳しく,丁寧にわかりやすく解説を加え、筆者の見解も示しています。




お申込はこちら
 

 
▲ to page top
 
ホーム

ホーム